ワークショップ

複眼IRミーティング

上場企業のトップをお招きして、事業に対する思いや将来の展望を語っていただきます!

※第4回目のイベントは終了いたしました。次回日程が決まり次第、ご案内いたします。

我々が手本とするピーターリンチは、「企業のストーリー」が投資を判断する上で最も重要な要素だ、と話しています。その「企業のストーリー」とは何か?

複眼経済塾では誰でも手にできる「会社四季報」を活用して有望企業の発掘をしてまいりました。実際に1年間で株価が10倍以上に上昇した企業もあります。この四季報は、「企業のストーリー」を簡単・簡便にざっくり把握することができる便利なツールです。が、もっと真に迫るには、トップマネジメント、つまり社長から直接そのストーリーを伺い、考え方、哲学を交えて深く教えて頂くことが一番だと考えています。

そこで、実際に活きた企業のストーリーを知る機会を作ろう、というのが今回のイベントのコンセプトです。

複眼経済塾が有望と感じる企業の社長をお招きし、事業に対する思いや将来の展望を語っていただきます。そしてご参加の皆様にも社長と直接対話できる場を設けます。

この企画の第4弾は メディアドゥホールディングス(3678) の藤田恭嗣社長です。

是非ご期待ください。

第4回ゲスト

株式会社メディアドゥホールディングス
代表取締役 社長執行役員CEO

藤田 恭嗣

プロフィール

ふじた・やすし
 1973年生まれ。1994年、名城大3年の在学中に留学費用を稼ぐために携帯電話の販売会社起業。その後はモバイルを軸に、インターネット上で音楽をはじめとしたデジタルコンテンツなどの流通事業を推進し、電子書籍では日本最大の流通企業に成長。徳島県木頭村出身で、故郷の地域振興に積極的に貢献。2007年には、徳島木頭事務所をサテライトオフィスとして設立。

3678 株式会社メディアドゥホールディングス

【特色】電子書籍の取次が柱。独自の配信・ストア運営システムに強み。電子図書館、海外事業を育成中 。

www.mediado.jp

イタリア・サルディーニャの料理を楽しみながら、直接社長と対話しましょう!

店名の「ティスカリ」は、サルデーニャ島の山間部にある洞窟の遺跡で、羊飼いたちが外敵から身を隠すためにつくったと言われています。健康長寿で知られるサルディーニャ島の「羊飼いの食卓」がコンセプト。肉や羊のチーズ,オリーブオイルや地場の赤ワインを、羊飼いの家をイメージしたくつろぎの空間でお楽しみいただけます。
※写真と当日のメニューは異なる場合がございます。

【概要】

次回の日程が決まり次第、ご案内いたします。