企業訪問記は日本各地にある日本企業や歴史的・文化的なスポットを訪れ、複眼的観点を発見・発掘していく、いわば「経済版ブラタモリ」のような企画です。
日本の屋台骨を支える企業から、古の日本について教えてくれる神社・史跡まで巡り、日本人と外国人の目を通して感じたこと、学んだことを塾生の皆様と共有する動画です。

複眼月例会

企業訪問記 Vol.28 和歌山

開催日:2019年01月29日(火)
配信日:2019年06月03日(月)

複眼経済塾では2019年1月に和歌山県を訪問しました。 初日は南方熊楠記念館を見学してから、串本町にあるトルコ記念館を訪問しました。 こちらはトルコの軍艦「エルトゥールル号」が沈没した場所です。 明治22年(1890年)にオスマン帝国はオスマン・パシャ海軍少将を特派使節として日本に派遣しました。 乗組員650名以上を乗せた「エルトゥールル号」は翌23年6月7日横浜港に到着し、日本から熱狂的な歓迎を受けました。 日本に約3ヶ月滞在した「エルトゥールル号」はイスタンブールへの帰路にこの場所で海難事故にあい沈没しました。 地元住民の献身的な救難活動により奇跡的に助かった69名を除く全員命を落とした事件ですが、トルコと日本の親交が始まったきっかけにもなった大事な出来事です。 トルコ記念館の近くに慰霊碑とトルコ共和国初代大統領アタテュルク騎馬像もあります。また、日本で最初に作られた石造灯台である樫野崎灯台も同じ場所にあるので見学しました。 翌日は熊野速玉大社、神倉神社に参拝してから、那智の滝が見える熊野那智大社を参拝しました。お昼はくじら家でクジラ肉を頂いてから太地町立の「くじらの博物館」を見学しました。こちらはすぐ近くに捕鯨船第一京丸の展示場もあり、クジラやイルカもショーも楽しめる施設でした。

複眼月例会

企業訪問記 Vol.25 秋田

開催日:2018年08月07日(火)
配信日:2018年09月10日(月)

複眼経済塾では2018年8月に秋田県を訪問しました。 今回のテーマは近代国家成立に欠かせなかった「尾去沢鉱山」や「小坂鉱山(同和鉱山)」の歴史や、その後リサイクルを中心としたエコタウンに生まれ変わった小坂町周辺の現状を体感することでした。 初日の最初に 縄文時代後期前葉(約4,000年前)の環状列石の遺跡である伊勢堂岱遺跡を訪問しました。その後に史跡尾去沢鉱山を見学しました。尾去沢鉱山は鉱脈型銅鉱床と呼ばれ脈状の銅鉱脈を採掘した鉱山で日本の近代化に大いに貢献した鉱山です。初日の最後に大湯環状列石を訪れました。大湯環状列石は、秋田県鹿角市に所在する2つの環状列石(野中堂環状列石、万座環状列石)を主体とする縄文時代後期(約4,000年前)の大規模な遺跡です。 2日目にDOWAグループの子会社であるエコリサイクル社の工場を見学しました。当社は平成13年4月にできた家電リサイクル法の施行を機に、DOWAグループの鉱山・製錬関連の技術・人材等を活用して、使用済み家電製品やパソコン、OA機器等のリサイクルを推進し、地域経済の活性化および環境にやさしいまちづくりに寄与することを目的で設立された会社です。使用済み家電を一つ一つ手作業で解体し、リサイクルしています。 最後に訪れたのは小坂鉱山事務所でした。かつて大きな鉱山町として栄えた小坂町と小坂鉱山の歴史について学びました。