企業訪問記 Vol.21 新潟 【2018/3/19配信】

複眼経済観測所では2018年2月に新潟県を訪問しました。

今回は「雪」がテーマでしたので、まずは「雪国」を見ようと思って湯沢町を訪ねました。

湯沢町の雪国館を訪問し、雪国の人々の暮らしについて学んだ後、川端康成が「雪国」を書いて後に映画の舞台にもなった「高半旅館」を訪ねました。

翌日はステンレス加工技術が世界最高レベルを誇り、日本のものづくりの原点の一つでもある、三条市と燕市を訪問しました。

こちらでは江戸時代から日本の金属加工が辿ってきた道について学びました。

そのダイジェスト動画を編集しましたので是非ご覧ください。

(企業訪問記には資料は付属しておりません。)

関連する動画