【84】トルコウィークリー緊急号 No.14 2016年5月5日
「トルコのダウトール首相は事実上退任、6月にAKPの臨時党大会」
 ※緊急号はテキストのみで発信させていただいておりますのでご了承願います。

今週のトルコウィークリーはお休みの予定でしたが、トルコの方で急な動きがございましたので緊急号で発信致します。
大統領の権限強化をめぐる問題で首相のダウトオールとエルドアン大統領が数ヶ月前から対立していました。
また、ダウトールは数週間前からエルドアンの側近とエルドアンよりのメディアから公然と辞任圧力を受けていました。
ダウトールとエルドアンは昨夜1時間半にわたって会談をした結果、与党・公正発展党(AKP)は6月上旬までに臨時党大会を開くことになりました。
首相は続投を求めない予定なので実質退任する形になりました。
このニュースを受けてトルコリラは対ドルで大きく下落しています。
エルドアンが首相に次は誰を指名するか分かりませんが、いずれにせよトルコ政治の不安定さが増したことは事実です。

(トルコウィークリーには、pdf資料は付属しておりません。)